【書評】『2.43 清陰高校男子バレー部』【1】【2】壁井ユカコ/集英社文庫/各562円

【評者】岸田安見(ブックファースト野田アプラ店)

 高さ2.43メートルのネットを境界として繰り広げられる球技、バレーボール。やるのも観るのももちろん面白いですが、小説で楽しむならこちらの作品!

 気遣いはうまいけど、その優しいところがたまに瑕という『本家のボン』・ユニ。思ったことをストレートに口にして周囲を凍らせるバレー馬鹿・チカ。2人の主人公ユニとチカを中心に、バレーが好きなのに背が伸びなかった主将・小田や、生徒会の権力をフルに部活に活かす策士・青木。肌が弱いために体育館でしか練習できず、週の半分は女子バレー部で練習する館野など、魅力あふれる脇役たちが、読者をこの物語にぐっと引きこんでくれます。

 だれにでもある“あの頃”―他人の才能に嫉妬したり、素直になれずにふてくされたり、ありがとうが伝えられなかったり…自分の居場所を確保できずにいたあのもどかしさがよみがえる懐かしくも戻れない日々。

 時につまずく彼らを、親のような気持ちで見守っている大人になってしまった今だからこそ、仲間と衝突し、反発し、時には逃げたりもしながら、それでも惹きつけられるもの=バレーボールに出会えた彼らが羨ましい。

「慣れてえんのやろ?」「二人しかえんのやぞ」「ほやけど」「見えてるんけ?」 など、作中の福井県の方言はあったかい感じがして声に出してみたくなります。(実際やりました。家で)

 6月には続刊も刊行されました。ユニとチカ、男子バレー部のその後を知りたくなったら、ぜひsecond seasonもお楽しみください!

※女性セブン2015年9月10日号