Doctors Me(ドクターズミー)- ドキッ!便に血が……。これってまさか、大腸がん?!

写真拡大

トイレで排便を済ませたら、赤いものが混じっていたことはありませんか?
便に血が混じる……何か大きな病気かもしれないと心配になりますね。今回は便に血が混じる症状「血便」について医師に聞いてきました。

混じっている血の色は?

便に血が混じるのは、体のどこからか出血しているということ。
胃から腸、腸から肛門に向かう間に、炎症・デキモノなどがあって、便に血が混じるのです(ただし、女性の場合は、生理の経血が混じった場合も)。

便に混じる血の色が、
・黒っぽい色の場合「下血」
・明るい色の場合「血便」
と区別します。

胃や十二指腸からの出血は……。

黒っぽい血の「下血」であれば、胃や十二指腸など、上部の消化器系からの出血の可能性大。
胃や十二指腸など上部の消化管の血は、時間とともに酸化します。それで色が黒っぽくなり、タール状やコーヒーの色のようになるのです。

明るい赤色の原因は痔かも!

鮮やかな赤色の「血便」。原因は様々ですが、大腸から直腸にかけて、肛門に近い消化器からの出血です。
一番多い原因が痔! 
鮮やかな赤い血がたくさん出ることもあるし、あるいは少量のことも。
痔である場合は排便時に痛むことが多いですが、その他の原因の場合、排便時に痛むことはありません。
腹痛や下痢などが起こることもあれば、全く痛みを感じないこともあります。

痔じゃなくて、大腸がん? 

・直腸ポリープ、大腸ポリープ
・直腸がん、大腸がん
・潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎、
 出血性大腸炎、大腸憩室炎

これらも痔と同様、鮮やかな赤色の「血便」の原因です。
血の色である程度わかることもありますが、血のや痛みの有無だけで、安易な自己判断は禁物です。

【医師からのアドバイス】

何が原因で起こっている血便かを知ることが大切です。
血液検査・内視鏡検査などを行う必要があるため、できるだけ早く医師の診断を受け、必要な治療を受けましょう。