Amazon

写真拡大


世界最大級のインターネット動画配信サービス『Netflix』が9月2日(水)に日本でのサービス開始を控えている中、Amazonも日本のSVOD(定額動画配信)市場への参入を発表しました。

Amazonは“Amazonプライム会員”向けの新たなサービスとして、2015年9月から『プライム・ビデオ』サービスの提供を開始。年会費3900円(税込み)を支払っている会員であれば、Amazonが配信する日本や海外の映画、テレビ番組、アニメ、ミュージック・ライブなどのコンテンツを好きなだけ楽しむことができます。年会費3900円と言うことは、月々に換算すれば実質月額325円。『Hulu』が月額933円(税抜き)、『Netflix』が月額最低650円(税抜き)なのと比べると、驚くほど安価に設定されているのが分かるでしょう。すでにプライム会員に登録しているユーザーはウハウハですね。

閲覧可能なコンテンツはサービスが開始してみないと何とも言えないものの、『Netflix』と同様にAmazonは自社で映像制作を行えるスタジオを持っているので、ハイクオリティなオリジナル作品にも期待したいところ。先日は巨匠ウディ・アレンとの契約を発表し、彼がテレビシリーズの脚本と監督を手がけることが分かっています。

なお、『プライム・ビデオ』は、AndroidおよびiOSのスマートフォンやタブレット、Fireタブレット、ゲーム機器やスマートテレビなど、インターネットに接続したあらゆるデバイスで試聴が可能。スタンダードやハイビジョン映像に加え、追加料金が発生することなく4K映像のタイトルも楽しむことができちゃいます。

続々と日本に上陸する海外のSVODサービス。いったいどれに加入すれば良いのか迷っちゃう!

Amazon『プライム・ビデオ』:
http://www.amazon.co.jp/pv

※トップ画像はAmazon.co.jpより引用