Doctors Me(ドクターズミー)- 毒蛇に噛まれた!応急処置はどうすればよい?

写真拡大

ハイキングやトレッキングなどをしている時、毒蛇にかまれた!というようなこともあるかもしれません。そのような時はどうすればいいのでしょうか? 今回は動物にかまれた時のこと、動物咬傷についてお伝えします。

蛇に噛まれると、どんなことが起こる?

動物にかまれて起こる傷のことを動物咬傷といい、その内「蛇咬傷」は、蛇による傷で、日本国内ではマムシやハブなどによる咬傷が多いです。そして、蛇に噛まれた際は次のような症状が起こる可能性があります。
<蛇咬傷による症状>
・噛まれたところの痛みや腫れ、熱感に加え、発疹や呼吸困難など、アナフィラキシー症状
・噛まれた部分が壊死して、全身状態を悪化させてしまうような、コンパートメント症候群や横紋筋融解症候群
・状態がひどいと、ショック状態に陥り、命にかかわることも少なくありません

毒蛇にかまれた時の応急処置

・傷口の5〜6cm上をタオルや服などでしばる(あまり強くしすぎないのがポイント)
・すぐに傷口から毒を吸い出す(吸引器や、口で直接、血液と共に吸い出す。ただし口の中に傷がある場合は口で吸うのは避けましょう)
・なるべく安静にし、可能であれば水分を摂取して、救急車など一刻もはやく病院を受診
<病院ではどんな処置をするの?>
病院では、血清の投与や、全身管理が行われます。

蛇以外の動物に噛まれた場合

いっぽうペットや、野良猫など、哺乳類の動物によって咬傷を受けた場合は、噛まれた部分の痛みや傷、出血などに加えて、その後膿んできたり、バスツレラ症など感染症を発症する可能性もあります。
かまれた場合は、次の手順で対処しましょう。
<ペットに噛まれた際の応急処置>
・かまれた部分を水道水でしっかりと洗う
・出血がひどい場合は、患部をおさえる
・そして、病院を受診

医師からのアドバイス

病院では、傷の洗浄や縫合が行われ、噛まれた状況に応じて、破傷風トキソイドや抗破傷風免疫ヒトグロブリンなどを接種し、破傷風を予防します。場合によって、動物が通常もっている菌に対して感染を防ぐために、抗生物質の内服などがおこなわれることも。イザという時のために、適切な対応を把握しておきましょう。