27日、フィフィが自身のTwitterアカウントで、歩道の視覚障害者誘導用ブロック(点字ブロック)を塞いで、抗議集会を続ける学生たちを批判した。

フィフィは、安全保障関連法案(安保法案)成立阻止を訴え、ハンガーストライキ(ハンスト)を実行するために、東京・永田町の国会前で座り込みを続ける学生グループについて、路上の点字ブロックを塞いで活動していることに苦言を呈している。なお、フィフィは以前にも、ハンストを実行した学生を批判している。



さらにフィフィは、今回のハンストグループを取り上げた「弁護士ドットコム」の記事についても「記事書く前に、点字ブロックは塞いじゃ迷惑だよって教えてあげてね」とも指摘している。





【関連記事】
フィフィがマタニティ・ハラスメントの実態を告発
フィフィ 安保関連法案に反対する学生の抗議へ皮肉「ぬるいハンスト」
フィフィがTwitterで日本の「イスラム国」報道に抗議 「中東との友好関係を掻き乱す行為は許し難い」