<RIZAP KBCオーガスタ 初日◇27日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>
 この日奪ったバーディは全選手最多の8個。6アンダーで今季初の首位発進を切った池田勇太だったが、会見では満面の笑みはなかった。
国内ツアー前半戦をフォトギャラリーで振り返る!
 1か月ぶりの再開となった国内男子ツアー。『RIZAP KBCオーガスタ』の初日は、INからスタートの池田。すると出だしの10番では幸先良くバーディを奪取。続く11番でティショットを左サイドの木に引っかけてバンカーに落とすもパーをセーブ。その後3つ伸ばし、4アンダーで折り返すと、後半でも勢いそのままに7アンダーまでスコアを伸ばした。
 だが本人も「腑に落ちない」と話す通り、7番でのボギー、そして獲りどころの最終9番パー5では3打目をバンカーに入れ、バーディを奪えなかった。「(大会前から)すごい良い状態を保てていた」と好調を感じながらのラウンドだっただけに、上がり3ホールの“失策”が気にかかった。
 ツアーの空白期間に話が及ぶと、選手会長として引き締まった顔に。「マレーシア、インドネシアでの試合は様々な情勢でなくなってしまい、うまくいかないものだと思った。同時に選手にも迷惑をかけて、不甲斐ないなと」。
 だが、ここからのツアーは“空白なく”連戦。「選手たちはこれからプレーで魅せていく」と自分に言い聞かせるように、結果へのこだわりを口にする。
 「優勝を狙うのは当たり前。1試合でも早く勝つ必要がある」。
 前半戦の最高順位は『ミュゼプラチナムオープン』の5位タイ。現在賞金ランク41位(8,914,166円)と不本意な試合が続いている。それでも昨シーズンの前半戦も同じような成績だったが、この大会から調子を上げていき、『日本オープン』制覇へつなげた。
 「1試合1試合、1日1日、1ホール1ホールを大事に戦っていく」。後半戦は、前半戦に選手として、選手会長として感じた不甲斐なさを、1ホール1ホールで消化させていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】服部真夕、復活Vの影に飛んで曲がらないドライバー
石川遼、最下位付近から勝ち残りへ求められる結果 初戦突破の条件は?