奔放な昭恵氏の行動に官邸では心配の声も?

写真拡大

 新国立競技場の建設費問題、連日の安保法制反対デモに加え、肝入りの戦後70年談話は「左右両陣営への妥協の産物」「出す意味がなかった」と党内での評価も散々。安倍晋三内閣の支持率は一時37%にまで落ち込んだ(7月30日共同通信調査)。

 さらに最近、安倍首相の体調は芳しくないという。

「持病の潰瘍性大腸炎は完治することはありません。普段は薬で抑えていますが、ストレスですぐに悪化しますからね。ここ最近、トイレの回数も増えていて、30分に1回はトイレに立つ日も珍しくない。体重も減ったし、官邸周辺では“かなりキツいのでは”という声も聞こえてきます。実際、今は慶應大学准教授の主治医が官邸でも付きっきりです」(自民党関係者)

 しかし、そんな安倍首相に対し、妻の昭恵さん(53才)は自由奔放に暮らしている。8月下旬のある夜、昭恵さんが南青山の会員制バーに布袋寅泰(53才)を呼び出し、酔って首筋にキスをするなど絡みついていた様子を女性セブンがキャッチしたのだ。

 そんな昭恵さんの行状に、首相官邸では今、心配の声が高まっている。

「いくら自由だといっても、首相に逆風が吹き荒れているこの時期に、あまりに軽率だと思います。昭恵さんの一挙手一投足もまた注目されていますから、泥酔して顰蹙を買うような行為が続けば、首相自身の支持者離れに直結する。もう少しファーストレディーとしての自覚を持ってもらいたい」(永田町関係者)

 昭恵さんの連日の宴を横目に、公務を終えて私邸に直帰した安倍首相は、同居する母親の洋子さん(87才)の部屋でくつろぎ、趣味のDVD鑑賞をして妻の帰りを待たずに寝るという。

「岸信介さんの長女として育った洋子さんは、政治家一家の内助の功を知り尽くしていますから、昭恵さんの奔放さに苦言を呈したこともあるそうです」(前出・自民党関係者)

※女性セブン2015年9月10日号