写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インターネット経由でパソコンの遠隔操作・サポートを行うソフトの開発・販売を行うTeamViewer GmbHは8月26日、Android 版 MobileIron Help@Workを統合したと発表した。これによりTeamViewer は、容易かつシームレスな環境でPCやモバイルデバイスのサポートを行えるようになる。

MobileIronの製品Help@Workは、ユーザーが画面をサポート担当者とシェアできる特徴を持ち、iOSおよびAndroid デバイスへのサポートをより簡単に行える製品。今回TeamViewer GmbHとHelp@Workが統合したことで、サポート担当者はモバイルデバイスなどで発生している問題を画面上で確認できるようになった。

また、デバイスにアクセスして、問題を検出・解決できる。ほかにも、サポート担当者が画面上で問題を確認することで、ユーザーが問題を説明する時間を節約できる。ユーザー側も、問題がどのように解決されているかを端末上で視覚的に確認できるという。

こうしたリモートサポートはユーザーの同意を得た上で行われる。ユーザーはサポート担当者が自分の端末上で行なっている作業全般を確認できるので、プライバシーに関する懸念も少ない。

また、チャット機能を導入したことで、サポート担当者とユーザー間のやり取りがより容易になった。ユーザーは保護されたコミュニケーションツールを通してサポートのプロセスを理解したり、文章で説明を行なったりできる。

(ゴーズ)