新OS「Windows 10」の機能が利用可能に

写真拡大

日本マイクロソフトは、12型タブレットパソコン「Surface Pro 3(サーフェス・プロ・スリー)」の「Windows 10」搭載モデルを2015年8月28日に発売する。

タイプカバー装着/非装着でUIが切り替わる「Continuum」機能を利用可能に

12型液晶ディスプレイ(2160×1440ドット)、第4世代Core(i3/i5/i7)プロセッサー、メモリーは4GB/8GB、ストレージは64GB/128GB/256GB/512GBなどのスペックはそのまま、OSに「Windows 10」をプリインストールする。

「Continuum(コンティニュアム)」機能を利用可能。タイプカバー(専用キーボード)装着時は、キーボードとマウス操作に最適な「デスクトップモード」に、タイプカバーを取り外すとタッチ操作に最適な「タブレットモード」にユーザーインターフェイスが切り替わり、アプリなどの表示も最適化される。

ページに手書きメモを追加できる機能を搭載した新ブラウザーアプリ「Microsoft Edge」は、タッチ操作や「Surfaceペン」で直感的な書き込みができる。

8月21日から10月4日までの期間限定で、本体購入者にタイプカバー(税別1万5680円相当)をプレゼントするキャンペーンを開始。そのほか、「Core i7」モデル購入者は「Mini DisplayPort-VGA」、「Mini DisplayPort-HD AV」、「Ethernet」各アダプターからいずれか1つをプレゼント。