「生中継での銃撃」動画はあっという間に拡散され、SNSの「闇」を露呈した

写真拡大

米国でテレビ生中継の最中にレポーターとカメラマンが銃撃され死亡した映像が、撃った男によってSNSに公開された。望まないユーザーの目にも触れる事態となっている。

「「生中継での銃撃」動画はあっという間に拡散され、SNSの「闇」を露呈した」の写真・リンク付きの記事はこちら

閲覧注意コンテンツがネットに公開されたら、ソーシャル・メディアを利用している限り、それから目をそらすのは難しい。

米国ヴァージニア州で8月26日の朝(米国時間)、テレビで生中継を行っていたレポーターとカメラマンが銃撃され死亡するという事件が発生した。

撃った男は、現場から逃走した後、「Facebook」と「Twitter」の自分のアカウントに銃撃の動画を載せた。動画にはコメントも一緒に投稿されていた。投稿には、自分は同じテレビ局の元リポーターであり、今回の銃撃は、この事件で亡くなったアリソン・パーカーとアダム・ウォードへの復讐が目的だったと書かれていた(男は、「怒りが抑えきれないことが何度もあったために」2年前にテレビ局から解雇された人物で、事件後、自殺した)。

この男のFacebookとTwitterのアカウントはただちに閉鎖されたが、その時にはもう手遅れだった。動画はすでにネット上を駆け回り、広範囲で共有されていた。

また、動画の自動再生などの新機能のおかげで、ユーザーのTwitterフィードにある映像は、何もしなくても再生された。こうした動画を見たくないユーザーも、どうしようもなかった。

今回の悲惨な出来事だけではない。昨年にTwitter上に広がった、ISによる斬首動画をはじめとする、これまでに起こったすべての悲惨な出来事は、ソーシャルメディア・プラットフォームの本質的な問題を示している。それは、このような有害な動画が公開されてしまったら、その共有を迅速かつ完全に阻止する方法はまだ存在しないということだ。

さらに悪いことに、自動再生といった機能によって、一般ユーザーは、こうしたコンテンツを避けることがさらに難しくなっている。こうした機能は、広告主のために視聴者数をでっちあげることもその目的の一部として作成されたものだ。

Preventing videos from autoplaying on Facebook is actually pretty complicated http://t.co/PIruiZHKLn pic.twitter.com/SxBnUCrRV3

— Cooper Fleishman (@_Cooper) August 26, 2015

Facebookの設定を変えることで、自動再生をオフにすることもできる。

[2015.08.30 文末にオリジナル記事で紹介されているツイートを追加しました。]

TAG

Content ModerationCrimeMediaSNSWIRED US