写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スターティアは8月26日、マイナンバーの収集・保管に特化したサービス「セキュア MyNUMBER」を2015年9月上旬より提供すると発表した。

同サービスでは、PCおよびスマートフォンから各従業員のマイナンバー情報を取得できる。取得したデータは国内にあるデータセンター内のサーバに保存され、マイナンバー情報は閲覧権限を付与された個人番号取扱担当者のみが閲覧できる。

そのため、効率的にマイナンバーの収集を行うことができるうえ、情報漏洩のリスクを低減する。

サービス利用の流れとして、従業員は、会社のPCやスマートフォン(Webブラウザー)から個別に発行される URL(期限付き)にアクセスし、個人番号と本人確認資料(扶養者含む)を登録する。

社内の個人番号取扱担当者は、同サービスを利用して登録情報と本人確認を実施後、本登録を行う。

このように個人番号の収集業務をクラウド(インターネット)経由で行うため、対面・ メール・郵送の収集手段と比較して、従業員および企業の双方における収集・本人確認の作業負担を大幅に軽減したうえで、安全に収集することが可能。

価格は、従業員数100名で、初期費用8万円(税別)、月額3万円(税別)が予定されている(扶養者分のマイナンバー情報の保存は無料)