26日、コラムニスト・能町みね子氏が自身のTwitterで、「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)での「プロ彼女」特集に対し、苦言を呈した。

番組では、「同じ穴のホンマでっか!?『プロ彼女』」と題した特集を放送した。提唱者である能町氏によると、「プロ彼女」とは、有名人だけを狙って交際する一般女性のことを指す。

番組中、マーケティング評論家の牛窪恵氏は「プロ彼女」の一般的な定義について、芸能人やスポーツ選手と交際、結婚した「一般女性」と説明。また、「彼女界のプロ中のプロ」「『完璧すぎて怖い女』というニュアンスで使われることもある」と付け加えた。さらに、「どれほど完璧な女性か」に焦点を当てて、独自調査の結果を発表していた。

すると、他の識者らも、本来の意味からは外れた「完璧すぎて怖い女」という意味で「プロ彼女」を用い、それぞれの見解や調査の結果を語った。

能町氏は、この特集を聞きつけたのか、Twitterで「またプロ彼女が変な意味になってるとの噂をゲットだぜ」とコメント。




能町氏は、続けて「Eテレがしっかりやってくれたし、もうどうでもいいんじゃないでしょうか……」と語っている。「プロ彼女」については、かつて「ねほりんはほりん」(NHK・Eテレ)でも特集が組まれており、どうやらこのことを指しているようだ。




【関連記事】
福山雅治が「ヨルタモリ」でリハーサル無しの見事なセッションを披露
能町みね子氏が日本テレビに大激怒 「オネエ」呼ばわりに訂正を要求
エッセイストの能町みね子氏が“プロ彼女”についてTwitterで苦言 「間違った解釈」「こじらせ女子現象」