スタイリッシュな筐体に潜む高性能 独自の排熱でパフォーマンスも安定

写真拡大

パソコン(PC)やスマートフォンなどの周辺機器を扱うアスク(東京都千代田区)は、台湾のPC、周辺機器メーカー、GIGABYTE(ギガバイト)のゲーミングブランド「AORUS(オーラス)」のノートPC「AORUS X7 Pro」シリーズの取り扱いを始めた。同シリーズの「X7 Pro V4」「X7 Pro V2」の2機種を「Amazon.co.jp」限定で予約受け付けを行っている。2015年8月27日に発売。

上位モデルは128GB SSD×2のRAID仕様、スムーズな画面表示「G-SYNC」対応

いずれも17.3型フルHD液晶(1920×1080ドット)を搭載しながら暑さ22.9ミリ、重さは約3キロと、軽量・薄型ながら高性能を実現した。独自の「AORUS Thermal+」による排熱技術を採用。マルチGPU(グラフィック・プロセッサー)の「NVDIA SLI」に対応する。光学ドライブは非搭載。

そのほか共通の仕様は、インターフェイスがUSB 3.0×3、同2.0×2、HDMI×1、Mini DisplayPort×1、アナログRGB×1、有線LAN×1、SDカードリーダー×1などを装備。

上位モデルの「X7 Pro V4」は、ストレージがmSATA接続の128GB SSD×2のRAID仕様。ディスプレイのリフレッシュレートをGPUに同期し、画面表示がスムーズな「NVIDIA G-SYNC」対応。CPUが「Core i7 5850HQ」、メモリーが16GB DDR3L。GPUは「GeForce GTX 970M SLI GDDR5 6GB」を搭載する。市場想定価格は35万円前後(税別)。

「X7 Pro V2」は、CPUが「Core i7 4860HQ」、メモリーが16GB DDR3L、ストレージがmSATA 256GB SSD+1TB HDD。GPUは「GeForce GTX 860M SLI GDDR5 8GB」を搭載する。市場想定価格は27万円台後半(同)。