Doctors Me(ドクターズミー)- 保育園には行ける?ママ必見、子どものとびひに備えよう!

写真拡大

お子さまの成長は喜ばしい反面、集団生活を送るようになった年頃では不安も多くなりますよね。特に感染症について、心配されている親御さんも多いのではないでしょうか。今回は、そんな感染症の中でも夏に多いといわれる「とびひ」について、医師に伺いました。

「とびひ」とはどんな病気?

あせもや湿疹、虫刺され、擦り傷などをひっかくことで、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌が感染することでおこります。水ぶくれやかさぶたができて、その部分を掻いた手で他の部位を触ることで広がります。正式には伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)という病名ですが、火事の飛び火のように病変が広がることから、一般的に「とびひ」と呼ばれています。夏の時期、小児に多く見られる病気です。

「とびひ」の治療は?

抗生物質の塗り薬を塗った後、病変部をガーゼで覆うのが一般的です。抗生物質の飲み薬を併用することもあります。掻いてしまうことで病変が広がってしまうので、それを防ぐために痒み止めの飲み薬なども有効です。

家庭での注意事項

・浴槽での入浴は控え、シャワーのみ
・泡立てた石鹸で優しく洗う
・他のご家族の入浴が終わった後に浴室を使用し、石鹸やタオルの共用は避ける
・爪は短く切って清潔に保つ
・小さなお子さんに見られる鼻の下から発症する「とびひ」では、鼻の穴の中の菌が原因となっていることがありますので、鼻を触らないよう気を付ける

登校・登園のタイミングは?

「とびひ」に関して、学校保健安全法という法律では医師の診断を受けて治療をし、病変部をガーゼできちんと覆うことができれば登園は許可されています。しかし、病変部位が広い場合や発熱などがある場合はお控えください。また、学校や保育園などによっても登校・登園の可否が決められている場合がありますので、ご相談ください。プールや水遊びは症状悪化や感染の危険から、治るまでお控えください。

こんな症状には要注意

「とびひ」の多くはヒフのみの症状ですが、重篤なケースでは全身症状を伴うものもあります。小さなお子さんでは稀に発熱を伴い、重症になる危険もありますので、その場合はすぐに再度受診しましょう。また、アトピー性皮膚炎の方が「とびひ」にかかると、重症化することもあり、お子さんだけでなく成人の方にもみられることがあります。

医師からのアドバイス

「とびひ」の予防に関しては清潔が第一です。夏の暑い時期は、こまめにシャワーを浴びましょう。虫刺されや擦り傷も患部をすぐに洗い、掻かないようにすることも大事です。「とびひの症状では?」と思った場合はすぐに皮膚科や小児科を受診して、医師の診察を受けることが、症状改善につながり、他の方への感染を防ぐためにも重要です。