韓国警察、フィリピン女性の売春グループを壊滅、韓国人男性200人余りを逮捕―中国メディア

写真拡大

26日付の韓国聯合ニュースによると、釜山警察は先ごろ、フィリピン女性の売春グループを壊滅させ、韓国人男性200人余りを逮捕した。環球網が伝えた。

釜山警察国際犯罪捜査チームが仲介役の李を拘留し、フィリピンに滞在している共犯者の金を指名手配した。買春をした疑いで韓国人男性207人を在宅のまま立件した。李と金は親戚同士で、昨年1月11日から今年4月23日まで、韓国の大手ポータルサイトで男性会員を募っていた。2泊3日の買春旅行で、費用は交通費や宿泊、買春の費用を合わせて110万ウォン(約11万円)だった。

李は経済的に困窮しているフィリピン人女性を集め、身長、体重、体の特徴や性的指向などを聞いた上で合格者を選び、セブ市の別荘で売春させて14億ウォン(約1億4000万円)を荒稼ぎしていた。逮捕された韓国人男性207人のうち、174人が20代〜30代で、職業は大学生や大企業社員、医師、公務員などさまざまだった。

(編集翻訳 小豆沢紀子)