独身女子に聞いた! ぶっちゃけ、結婚相手に求める年収はいくら?

写真拡大

結婚が決まったときは浮き足立ってしまって、つい現実を忘れがちになります。ですが、実際に先立つものがなければ順調な結婚生活を送ることは難しいものです。世の中お金がすべてではありませんが、結婚相手の年収は今後の自分の人生を左右する重要な要素とも言えます。みんなは結婚相手にどのくらいの年収を求めているのか、社会人の女性に聞いてみました。

Q.結婚相手に求める理想の年収はいくらですか?

1位「400万円以上〜600万円未満」……40.0%
2位「600万円以上〜800万円未満」……32.2%
3位「200万円以上〜400万円未満」……12.2%
4位「800万円以上〜1,000万円未満」……9.6%
5位「1,000万円以上〜2,000万円未満」……3.5%
6位「200万円未満」1,7%
7位「2,000万円以上」0.8%

多くの女性が400万円〜800万円の年収を求めると回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

■400万円以上〜600万円未満/600万円以上〜800万円未満

・「400万円以上〜600万円未満/自分が働かなくても二人でやっていけるくらいの年収がほしい」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「400万円以上〜600万円未満/今の年収は500万程度で、これからアップしていってくれたらいいなと思う」(30歳/通信/秘書・アシスタント職)

・「600万円以上〜800万円未満/自分の倍以上は年収があってほしいと願います」(30歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

専業主婦を希望する女性なら、このくらいの年収がある男性との結婚を望むでしょう。初めのうちは二人で力を合わせて働けばなんとかなると思っていても、妊娠や出産などで女性が働けない状況になる可能性は大いに考えられます。そんなときでもこのくらいの年収があれば安心して暮らせるでしょう。

■200万円未満/200万円以上〜400万円未満

・「200万円未満/借金してなければ年収は気にしない。何とかやっていけると思うので」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「200万円以上〜400万円未満/多くの職業がこの範囲内に当たる」(30歳/建設・土木/技術職)

周囲を見渡しても高収入な人はそれほど多いわけではありません。結婚相手の条件に、年収1,000万円という項目を掲げてしまうと一気に選択肢が狭まるのです。年収よりもそのお金をどう使っているかが大切です。いくら年収が2,000万円あっても、実際に使えるお金が2,000万円とは限りません。

■800万円以上

・「800万円以上〜1,000万円未満/自分よりも年収が高い人のほうが良いです。やはりそれなり稼いでいる人のほうが尊敬できますし、よりよい暮らしができると思います」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「1,000万円以上〜2,000万円未満/なんだかんだ言って、夫婦円満は金の問題がないことだから」(36歳/医療・福祉/専門職)

いつの時代もお金を持っていることはステータスにつながります。年収が高い男性はそれ相応の仕事ができる男性という評価になります。お金の余裕は心の余裕にもつながるので、悠々自適な専業主婦を目指すなら、どうしても年収の高い男性を狙うしかありません。

お金って本当に人をいやらしくするなぁと思わずにはいられませんが、きれいごとだけでは世の中渡っていけないこともあります。とはいえ、大切なのはどのくらいの金額をもらっているかではなく、その金額をもらうことによってどんな仕事をしているかです。お金だけで結婚相手を選ぶことのないよう気を付けたいものです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答件数115件(30歳〜39歳の未婚女性)