道路舗装工事の中堅で高圧ジェット工法に強い渡辺組<1807>は25日、05年3月期単体業績予想の経常利益を、従来予想の1億5000万円の黒字から6億5000万円の赤字に修正した。前期は5600万円の赤字だった。国、地方自治体の工事発注量の縮減と、それに伴い受注競争が激化し、工事利益幅が狭まったため。

 売上高は、前期比19.6%減の187億円。従来予想は230億円だった。当期損益は、従来予想の5000万円の黒字から11億円の赤字になった。前期は4億8900万円の赤字だった。早期退職優遇措置の実施で退職金支払いなど、3億3000万円を特別損失として計上する。【了】