Doctors Me(ドクターズミー)- その治らない肌あれ、体の不調が原因かも?

写真拡大

お肌の調子が悪い、肌あれがなおらない……そんな時、なんとなく体調が悪いな……というようなことはないでしょうか?

今回は、お肌と体調の関係について教えていただきました。

お肌は、体の状態を映し出す鏡

ニキビなどの吹き出物、乾燥といった肌あれは、単に化粧品が合わないといった理由だけではなく、じつは肌とは直接関係ないように思われる、体の不調を知らせるサインかもしれません。では、どんな不調が肌あれを引き起こすのか、早速見てみましょう。

<肌あれを引き起こす体調不良>
1. ホルモンバランスの乱れ
肌を美しく保つためには、女性ホルモンとよばれる、プロゲステロンやエストロゲンのバランスが大切になるのですが、プロゲステロンが多すぎると、皮脂が多くなり、にきびなど吹き出物の原因に。

いっぽう、エストロゲンはコラーゲンやヒアルロン酸を増やし肌にうるおいを与え、きめを整えるため、これが少なくなると、お肌は乾燥しやすくなってしまいます。ストレスの蓄積や、卵巣などの問題、排卵障害や無月経などがあるとホルモンバランスは崩れやすくなるので、肌あれが続くことがあります。

2. 便秘
腸内に長い間、便がとどまることによって排出するべき老廃物や腸内細菌による有害な物質がたまってしまいます。これらが血液によって全身を巡るようになる、あるいは血流が悪くなり、代謝機能も低下するといった理由で肌が荒れてしまうことも……。

3. 肝臓の不調
肝臓はもともと、さまざまな栄養素や体にとって有害となる物質の分解や合成といった代謝に関わっています。それが、アルコールや脂肪肝といった問題が生じると本来の機能を果たせず、肌に必要なビタミンなどの栄養素をうまく取り入れられなくなったり、肌にとって有害物質がスムーズに分解されないといったことなどが起こりえます。それによってくすみや乾燥、吹き出物などが生じやすくなり、肌の調子が悪くなるのです。

【医師からのアドバイス】

いずれの場合も、原因を取り除かなければ、なかなか肌あれは改善しません。もし、長引く肌あれにお悩みの場合、体質を根本から改善することもひとつの手。これを機会に、自分の体と向き合ってみては?