「いつもと同じように食べているのに太っちゃった」、「運動してもなかなか痩せられない」、そんな悩みがあるアナタは“酵素”が不足しているのかもしれません。酵素には消化を助けるだけでなく、基礎代謝を上げる働きもあります。ここではダイエットとも関係の深い酵素の働きをご紹介します。

生きていくためになくてはならないのが“酵素”

栄養というとたんぱく質や脂質、炭水化物、そして、ビタミン、ミネラルといったものを思い浮かべると思います。これらの栄養素はもちろん必要ですが、生命を維持するために、もっと必要なのが酵素です。酵素と聞くと消化酵素がイメージされますが、酵素の働きはもっと幅広く、内臓をスムーズに動かしたり、腸内環境を整えて老廃物の排出を促したり、体内の活性酸素を除去するのも酵素の働きによるものなのです。

酵素が不足した体の状態とは?

酵素には消化を助ける消化酵素と代謝を促す代謝酵素があります。体内の酵素が、必要に応じて消化酵素か代謝酵素のどちらかに振り分けられるのですが、優先されるのは消化酵素です。そのため、体内の酵素が少なくなってくると、代謝酵素の不足に直結してしまうのです。代謝酵素が不足すると、基礎代謝が落ちるのはもちろん、肌の代謝機能も下がってしまいます。脂肪が蓄積されて太りやすくなるだけでなく、肌荒れやシミ、シワなどができやすい状態になってしまうのです。

酵素が不足するのはどうして?

酵素が不足する原因にはいろいろありますが、いちばんに挙げられるのは食生活の乱れです。酵素は生の食べ物や発酵食品に多く含まれているので、肉食に偏った食事では摂取できる酵素の量が少なってしまいます。またたんぱく質や脂質の多い食事は消化に時間がかかるため、消費される酵素の量も多くなり、代謝酵素の減少につながってしまいます。夜遅い時間の食事やストレスの多い生活も必要以上に酵素が消費される原因となります。

酵素がたっぷり入っている食品は?

ダイエッターに人気の酵素ダイエットは、野菜やフルーツなどを発酵させた酵素ドリンクを飲むというものです。酵素は新鮮な生の食べ物に多く含まれます。生の肉や魚、野菜、フルーツには、すべて酵素が入っていますが、肉や魚は加熱して食べることが多いため、生野菜、フルーツを食べるようにすれば、無理なく必要な酵素を摂ることができます。さらに、発酵食品も酵素の宝庫。味噌、納豆、ぬか漬けなど、伝統的な日本の食品を食べることで酵素不足を解消することができるのです。


writer:岩田かほり