ヤングなでしこ、2大会ぶりU−20女子W杯切符獲得…小林弾で韓国撃破

写真拡大

 AFC U−19女子選手権中国2015の準決勝が26日に行われ、U−19日本女子代表(ヤングなでしこ)とU−19韓国女子代表が対戦した。

 グループリーグを3連勝の首位で通過したヤングなでしこ。前半はボールを保持して押し込み、セットプレーを中心にゴールに迫るが、ネットは揺らせず0−0で終える。

 後半に入っても日本が相手陣で試合を進める展開は変わらず。敵陣でパスを回してチャンスをうかがうも、ゴールは遠い。79分、日本は長谷川唯に代えて清家貴子を投入する。すると3分後、左サイド深い位置からのグラウンダーのマイナスクロスを受けた小林里歌子がしっかりと決め、ついに先制に成功する。これが決勝点となり、1−0で日本が勝利した。

 決勝進出が決まり、2位以内が確定したヤングなでしこは、2016年10月にパプアニューギニアで行われるFIFA U−20女子ワールドカップの出場権を獲得。前回の2014年大会はアジアで4位に終わり、本大会出場逃していたため、2大会ぶりのU−20女子W杯出場決定となった。29日に行われる決勝戦では朝鮮民主主義人民共和国と中国の勝者と対戦する。

【スコア】
U−19日本女子代表 1−0 U−19韓国女子代表

【得点者】
82分 1−0 小林里歌子(日本)