スクエニとSNKプレイモアの『ハイスコアガール』紛争和解 出版が可能に

写真拡大

株式会社スクウェア・エニックスと株式会社SNKプレイモア間で生じていた、マンガ『ハイスコアガール』を巡る刑事および民事紛争において、8月24日付で和解が成立したことが両社より発表された。

【関連:SNKプレイモア、スクエニを刑事告訴―5日にはスクエニ本社に家宅捜索も】

ビッグガンガンHP

本件は、スクウェア・エニックスの出版物『ハイスコアガール』において、SNKプレイモアの著作権が侵害されているとして、2014年5月26日付でスクウェア・エニックス及び役員・社員などが大阪府警察に刑事告訴され、さらには両社が民事の場で訴えあう事態にまで発展。また発生直後から、『ハイスコアガール』の連載は一時中止となり、単行本も自主回収が行われていた。

発表によると、両社およびSNKプレイモアの大株主であるLedo Millennium Co., Ltd.の間で、「今後各社のコンテンツを利用した新たな協業機会の創出を可能にするため、紛争を早期に解決すべきとの合意」があり和解に至ったという。
今回の和解により、紛争勃発直後から停止されていた『ハイスコアガール』の出版及び販売の継続は可能となり、刑事告訴は取り消し、民事訴訟はそれぞれ取り下げとなる。

なお、『ハイスコアガール』の連載再開については詳細が決まり次第、今後『月刊ビッグガンガン』誌上及び、『ビッグガンガン公式HP』にて発表される。

発表文