世田谷区は25日、高齢者虐待対応マニュアルを公表した。現場のケアマネジャーやヘルパー、介護サービス事業者などが、実際の事例から意見をまとめて作成した。

 これまでは高齢者虐待の発見や介入に対するガイドラインがなく、高齢者と関わる個人の善意に頼って虐待対応がなされてきた。マニュアルにより、虐待の事実が理解され、適切な対策が取られることが期待される。

 同区では、高齢者虐待が社会問題となっているとの認識から、03年度に「高齢者虐待対策検討会」を立ち上げて検討を重ねてきた。【了】