U22日本代表の広島DF吉野が負傷離脱「チームを離れるのは残念」

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は25日、トレーニングキャンプを行っているU−22日本代表から、サンフレッチェ広島のDF吉野恭平がけがのため離脱したことを発表した。

 2016年開催のリオデジャネイロ・オリンピック出場を目指す同世代は23日から京都市内でトレーニングキャンプを開始。キャンプ最終日の26日には京都サンガF.C.との練習試合が予定されている。

 けがのため途中離脱することになった吉野は「けがによりチームを離れてしまうのは残念ですが、また代表に選ばれるようにクラブで頑張りたいと思います」とコメントした。

 現在20歳の吉野は東京ヴェルディのユース出身。2012年に2種登録されると、翌2013年にトップチーム昇格を果たし、2014年途中から広島に加入している。