『サイゾー』、『FRIDAY』も読み放題!電子雑誌アプリ『タブホ』 閲覧可能タイトル200誌突破

写真拡大

株式会社オプティムの配信する電子雑誌アプリ『タブホ』が、毎日新聞社と8月21日に提携をし、その閲覧可能雑誌のタイトルがついに200誌を超えたそうです。

【関連:250万乙女のバイブル『星の瞳のシルエット』、au電子書籍ストアに読み放題で登場】

タブホ

タブホ』は、月額ワンコイン(500円・税抜)で『週刊エコノミスト』や『サイゾー』、『FRIDAY』などのメジャータイトルから、書店に行かないと手に入らないといったタイトルまで幅広いジャンルを網羅している読み放題サービス。
雑誌名の検索だけではなく、キーワード検索もできるようになっているため、読みたいキーワードを入力して各紙で扱っている記事の読み比べなども可能。コメントをつけてTwitterやFacebookなどのSNSにも投稿することができ、最近徐々に利用者を増やしているそうです。

タブホタブホ

ただし!良い点もあれば悪い点もあり『ライト版』の場合には、例えば『FRIDAY』で『壇蜜』さん表紙の号で、いつ壇蜜さんが出てくるかと期待を込めてページをめくるものの、いっこうにお目当てのものが出てきません……。ライト版なので「あぁ見たい!」と思うものがちゃっかり削られているもよう。自分の邪念を猛省です。
また、発売日より遅く配信されるため、最新号を読めるわけではありません。でも、配信される中には各都道府県の観光情報誌『るるぶ』や、アップルユーザーにはなにかと重宝される『Mac Fan』などバックナンバーを保存しがちな雑誌が多く含まれています。対応はiOS/Androidで、アプリはApp Store、Google Playで配信されています。なお、現在は初回に限り24時間無料お試しサービスが行われています。