写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤマハとユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは8月26日、現在両社が合同で取り組んでいるプロジェクト「VOCALOID for Unity」について発表した。

VOCALOID for Unityは、ゲームエンジン「Unity」で、ヤマハが開発した音声合成技術「VOCALOID」を利用できるようにするための合同プロジェクト。VOCALOIDの一部機能をUnity向けに開放することで、VOCALOIDを利用した音楽ゲームやインタラクティブなコンテンツを開発できるようになることを目指している。

12月には同プロジェクトの成果として、UnityからVOCALOIDの歌声合成エンジンをシームレスに利用することができる統合開発環境「VOCALOID SDK for Unity」をヤマハから提供する予定。同SDKでは、別途制作されたVOCALOIDのシーケンスデータ(VSQ、VSQX)をもとに、ゲームやコンテンツ内でさまざまな表情の歌声を動的に生成することができる。

合成に使用する歌声については、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンが提供する開発者のためのキャラクター「ユニティちゃん」のオリジナルボイスを共同開発し、VOCALOID SDK for Unityにインポートして利用できる歌声ライブラリとして提供する予定。また、既存の「歌声ライブラリ」の追加も予定している。ユニティちゃんの歌声ライブラリは、制作されるコンテンツが「ユニティちゃんライセンス条項」に準拠することを前提に無償で提供され、VOCALOID SDK for Unityは、同ライセンス条項を参考に、特定の条件下で無償で利用可能なものとして提供される予定。