夕方になると目がかすんできたり、朝は読めたスマホの文字が読み取れなくなってしまうなんてことはありませんか? 夕方になると起こる目の不調を「夕方老眼」と呼んでいますが、その原因には2つあります。

近くを見続けると目の筋肉が凝り固まる

老眼は加齢によって起こるものなので、夕方になると見えにくくなるのは、正しくは老眼ではありません。でも、老眼と同じような症状が現れるのも事実です。近くのモノを見る時は、目は毛様体の筋肉を収縮させて、水晶体を厚くすることでピントを合わせます。仕事で細かい文字を見続けたり、長時間にわたってパソコンの画面を見ていると、毛様体の収縮が続き、筋肉が凝り固まってしまいます。元に戻りにくくなってしまうので、仕事が終わった後に遠くを見ると、ピントを合わせることができず、かすんで見えてしまうのです。

夕方はドライアイになりやすい!

夕方になると目が見えにくくなるもう1つの原因はドライアイです。ドライアイは涙の量が減ってしまうことですが、乾燥しがちなオフィスでは目も乾きがち。特に緊張して仕事をしている時は、まばたきの回数が減ってドライアイになりやすくなります。涙の量が減ってしまうと、目で見た画像をキレイに網膜に写すことができません。そのため、目がかすんで見えにくくなったように感じるのです。

「夕方老眼」を防ぐ方法はあるの?

目の筋肉の緊張が原因の場合、緊張をとる目薬を使うことで症状を緩和することができます。でもまた同じように仕事をしては、症状は悪化するばかり。1時間に1回程度は遠くを見るようにしたり、軽い運動をするなど、目と体の筋肉をほぐすことが大切です。ドライアイが原因の場合は、深呼吸をしてリラックスしたり、休憩時間に目を温めるなどのケアをしてあげましょう。もちろん、目を守るアントシアニンやルテインなどを意識して摂るのも効果的です。

目は大切な器官ですから、普段から気を付けて十分なケアをしてあげましょう。小さな目の不調でも、失明につながるような病気の前兆のこともあるので、不調が続いたら早めに眼科で健診を受けるようにしましょう。


writer:岩田かほり