ゲームに勝利するためのユーザビリティーを追求

写真拡大

パソコン用周辺機器などを扱うロジクール(東京都港区)は、ゲーミングブランド「Logicool G 」シリーズからUSB接続対応のキーボード「ロジクール G710+ メカニカル ゲーミング キーボード(青軸) G710pBL」を2015年8月27日に発売する。直販サイトでの価格は1万7750円(税別)。

単一キーからマクロまで最大18機能を割り当てられる「Gキー」搭載

5000万回の耐久テストに合格し、クリックのような打鍵感を味わえる「Cherry MX ブルースイッチ」をキースイッチに採用。ゲーミンググレードの高速入力と、確実なフィードバックを体感できるという。

左側に6個のプログラム可能な「Gキー」を搭載。3つの「モード切替キー」との組み合わせで、単一キーから複雑なマクロまで、最大18種類の機能の割り当てが可能だ。「W」「A」「S」「D」「矢印キー」と、それ以外の2つのゾーンに分けてバックライト輝度を調節できる「デュアルゾーンバックライトシステム」を装備する。

Windowsキーとアプリケーションキーを無効にし、ゲームプレイ中の押し間違いを防止する「ゲーム/デスクトップモード切替ボタン」、確実なキー入力が可能な「112キーアンチゴースト」、最大26個のキー同時押しが可能な「26キーロールオーバー」などの機能を備える。

対応OSはWindows 8.1/8/7、Mac OS X 10.8以降。カラーはブラック。