「住信SBIネット銀行」サイト

写真拡大 (全2枚)

 住信SBIネット銀行は25日、マネーフォワードと業務提携契約を締結したことを発表した。「FinTech」事業領域の新技術・新サービスの開発を、共同推進するのが目的。

 「FinTech」とは、FinanceとTechnologyを組み合わせた造語。従来の金融機関と、新進のIT企業が技術協力・業務提携することで、ネット送金・クラウドファンド・仮想通貨・資産管理など、幅広いサービスを生み出す動きとして、近年市場で注目されている。マネーフォワードは、個人向けの自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』、中小企業向けクラウドサービス『MFクラウド』シリーズを運営する企業だ。

 今回の提携に基づき、「マネーフォワード」をベースに機能・情報を拡充したアプリケーション『マネーフォワード for 住信SBIネット銀行』(仮称)をマネーフォワードが新たに開発、11月を目途に住信SBIネット銀行に提供を開始する。一方『MFクラウド』ユーザー向けには、法人開業支援サービスや融資、ビジネスカードなどの金融サービスを住信SBIネット銀行が提供する。

 さらに住信SBIネット銀行が提供する接続APIを用いて『マネーフォワード』『マネーフォワード for 住信SBIネット銀行』(仮称)と公式連携を行うことも検討中だ。あわせて住信SBIネット銀行は、「FinTech事業企画部」を新設する。