OM-D E-M10 Mark II

オリンパス株式会社は、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠したミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M10 Mark II」を9月4日に発売すると発表した。

同製品は「OM-D E-M10」の後継機で、VCM方式ボディ内5軸手ぶれ補正機構をエントリークラス一眼として初めて搭載し、シャッター速度4段分の強力な補正を行なえる。また、静止画だけでなく、動画の撮影においても十分な効果を発揮する。さらに、ディスプレイに触れるだけでピントを合わせて撮影できるタッチAFシャッターも搭載。連写速度は1秒あたり8.5コマを実現した。

236万ピクセルの有機EL電子ビューファインダー(EVF)を内蔵し、視野率100%、ファインダー倍率1.23倍を実現している。このほか、印象的なフィルター効果を楽しめる「アートフィルター」や、複数の写真を1枚に組み合わせられる「フォトストーリー」、光の動きを流れるような線状で撮影する「ライトバルブ・ライブタイム」、明るさが変化した部分のみを合成する撮影機能「ライブコンポジット」なども搭載する。

アクセサリーとしては、カメラのホールディング性を高める専用グリップや、撥水本革ストラップなどを用意する。サイズは119.5(幅)×83.1(高さ)×46.7(奥行)mm、重量は約390g(充電池およびメモリカード含む)。カラーはシルバーとブラック。

オリンパス株式会社
価格:オープン
URL:http://olympus-imaging.jp/product/dslr/em10mk2/index.html
2015/08/26