【閲覧注意】アリの大群、「チェーン」をつくってヤスデを襲う(動画あり)

写真拡大

ハシリハリアリ属のアリたちは、集団で狩りを行い、自分よりはるかに大きいヤスデを襲う。52匹のアリが結合して「チェーン」を形成し、獲物となったヤスデを運ぶ動画を紹介。

アリたちの驚くべき集団行動をとらえた動画を紹介しよう。

「【閲覧注意】アリの大群、「チェーン」をつくってヤスデを襲う(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

動画はカンボジアで撮影されたもので、ハシリハリアリ属のアリたちがヤスデを襲っているところだ。ヤスデは肉食のムカデに似ているが、腐った植物を常食としており、毒ももたない生物である。

動画の最初で、ヤスデは群がったアリたちに対して防御の体勢をとっている。突然の攻撃(1′00″のあたり)に続き、さらに多くのアリたちが群がってくる。ヤスデが身もだえをするなか、複数のアリがしがみついて攻撃し続ける。ここまではよく見る光景だ。

しかしそのあと、アリたちの驚くような行動が始まる。ヤスデは麻痺状態に陥るが、その体は全長15cmもあり、アリよりも遥かに大きい。したがってアリたちは、この巨大な獲物を運ぶ方法を見つけなければならない。彼らは、それぞれのアリがヤスデをつかむのではなく、行列を形成し始める(1′55″)。1匹のアリがヤスデに噛みつき、そのアリの腹部をほかのアリが噛んでしがみつき、さらにほかのアリが同じように続き、最終的には52匹ものアリによるチェーンが形成されたのだ。アリたちは、餌食を破滅へと引きずり込む“生きたロープ”をつくり出したのだ。

またほかのアリたちが、ヤスデの側面に群がっているのも確認できる。この動画を撮影した科学者たちは、ヤスデの側面に群がるアリたちは、ヤスデの体を押したり引いたり、さらにはもち上げたりして地面との摩擦を少なくして、チェーンを引っ張っている仲間を助けている可能性があると考えている。

このアリたちのヤスデ襲撃で見られた集団行動は、シナジー(相乗効果を生み出す協調行動)と呼べるかもしれない。いささか大げさに聞こえるかもしれないが、アリたちは実際に「個々が集まった合計」よりもさらに強力な「超個体」を形成することに成功しているのだ。

アリたちが互いに協力し、複雑な作業を達成することは以前から知られている。例えば、ツムギアリは、働きアリたちが協力して、樹上の葉を顎を使いながら寄せ集める。そして別のアリが、絹糸を吐き出す幼虫を運んできて、その絹糸で葉の縁をつなぎ合わせる。この作業を繰り返すことで巣をつくるのだ。

南米原産のヒアリは暴風雨に見舞われたとき、集団で「いかだ」をつくって生き延びる。ヒアリのコロニーは洪水で巣から押し流されると、群れ全体でいかだの形になり、そのまま水の流れに何週間も浮かび続けることができる(日本語版記事)のである。

冒頭で紹介したアリたちが獲物を引きずって運ぶために数珠つなぎになる行動は、比較的最近知られたものだ。また研究者たちは、数珠つなぎになって協力しあうアリたちについての論文を、『Insectes Sociaux』誌に8月8日付けで発表している

TAG

AntBiologyVideoWIRED US