スマホでの快適な遊びやすさを追求したリメイク版

写真拡大

スクウェア・エニックス(東京都新宿区)は、iPhone/iPad向けRPG(ロール・プレイング・ゲーム)アプリ「ファイナルファンタジー7」の配信を開始した。価格は1800円(税込)。

「エンカウントオン/オフ」「ステータスMAX」などスマホでの遊びやすさ追求

「神羅(しんら)カンパニー」は、星の生命エネルギー「魔晄(まこう)」を独占して世界の覇権を握っていた。主人公クラウド・ストライフはかつて「神羅カンパニー」のソルジャーだったが、現在は傭兵として、対抗する反体制組織「アバランチ」の活動に手を貸している。クラウドは自らの失われた過去、さらには星の未来をかけた戦いへと巻き込まれていく―。

PlayStation用として1997年に発売され、壮大で感動的なストーリーや魅力的なキャラクターなどが魅力だったタイトルをiOS向けにリメイク。画面を邪魔しないシンプルな「バーチャルコントローラー」を採用し快適なプレイを実現。フィールドで敵と突然遭遇するかどうかを選択できる「エンカウントオン/オフ機能」や、最強になれる「ステータスMAX機能」など、スマートフォンでの遊びやすさを追求したという。

対応OSはiOS 8.0以降。対応端末はiPhone 5s以降、iPad 第3世代以降、iPad mini 2以降。