「太陽光発電導入の損得」を計算してくれるグーグルの新ツール

写真拡大

グーグルは、家庭にソーラーパネルを設置した場合の損得を計算する「Project Sunroof」を発表した。住所を入力すると、自宅に日光がどれくらい当たるかなどを計算し、設置するとどれくらい節約できるかを見ることができる。

「「太陽光発電導入の損得」を計算してくれるグーグルの新ツール」の写真・リンク付きの記事はこちら

グーグルは8月17日(米国時間)、家庭にソーラーパネルを設置した場合の発電量を計算する「Project Sunroof」を発表した。

ボストンやサンフランシスコのベイエリア、フレズノの住民なら、このサイトで住所を入力すると、自宅の屋根に日光がどれくらい当たるか、そして、使える場所すべてにソーラーパネルを設置するとどれくらい節約できるかを見ることができる。

グーグルによると、このツールの計算には、航空撮影した地図データベースを使っている。屋根の3Dモデリングを行い、木や近くの建造物によってできる影も考慮して、「1年を通して太陽が通過する可能性のある位置」とともに、「太陽光発電に影響を及ぼしうる、雲や気温の過去のパターン」も検討して計算しているという。

計算結果に基づいて、ソーラーパネルを20年間リースする、ローンを組む、買い取るという、それぞれの場合にどれくらいのお金が節約できるかがわかるようになっている。それで関心をもったなら、スライダーを使って、実際にソーラーパネルで覆う屋根の面積を正確に割り出すことができる。

すべての計算結果の下には、その地域でソーラーパネルの設置工事などを提供している業者のリストが表示される。

Project Sunroofが利用できる人は現在は限られているが、このプロジェクトを説明するグーグルの動画によると、将来はもっと多くの地域に拡大する計画のようだ。

「TechCrunch」の記事によると、Project Sunroofは、グーグルのエンジニアであるカール・エルキンによるサイドプロジェクトだそうだ。サイドプロジェクトとは、勤務時間のうちの20パーセントを、「長い目で見ればグーグルに利益をもたらすと思うプロジェクト」にあてるというもので、グーグルの共同創設者、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが2004年に提案した方針だ。

米国では、住宅向け太陽光発電の利用が順調に伸びている。米エネルギー省のエネルギー情報局(EIA)が2015年7月末に出した報告書によれば、2014年第2四半期には「住宅の太陽光発電の容量が、専用の大規模施設の発電量を超えた」という(以下のグラフ)。

TAG

Arstechnica USEnergyGoogleSolar PanelSolar PowerVideo