『りぼん』1978年2月号表紙

写真拡大

超貴重ふろくに初公開原画にも

1970年代半ばから1980年代にかけて、少女雑誌『りぼん』で活躍した漫画家・陸奥A子。恋や友情に悩む、読者と等身大の少女像を描いて人気を博した。

なかなか出会えない!『りぼん』陸奥A子の初公開原画とふろくたちを懐かしむ

陸奥の作風は“おとめチック”マンガとも呼ばれ、アイビー・ルック、背の高い優しい男の子は、少女たちの憧れとなった。さらに陸奥のイラストによる“ふろく”も熱烈に支持された。

同展では陸奥の『りぼん』から『YOU』までの、貴重な初公開原画やふろくを多数展示し、併せて少女雑誌のふろくの変遷を約300点の史料によってたどる。

展示会では新刊にも出会えるかも!?

学芸員によるギャラリートーク
10月18日、11月8日、12月6日(すべて日曜日)午後2時〜

展示替えについて
作品保護のため会期中にカラー原画と一部作品の展示替えを行います。
【前期】10月1日〜25日
【中期】10月27日〜11月29日
【後期】12月1日〜12月25日

<開催日時>
2015年10月1日(木)〜12月25日(金)
午前10時〜午後5時 (入館は4時30分までにお願いします)
休館日月曜休館
※ただし10/12,11/23(月祝)開館、翌10/13,11/24(火)休館)
(2015年8月15日時点の情報)

紹介者コメント
「初めて公開される原画やふろくもあるそうです。また、この展覧会に合わせて新刊『陸奥A子』、『陸奥A子 ベストセレクション』(仮)の刊行が決定しているそう。

また、2016年4月23日からは北九州市漫画ミュージアムを巡回する予定とのこと」

【住所】東京都文京区弥生2-4-3
【会場】弥生美術館
【開催日時】2015年10月01日〜2015年12月25日
【料金】一般900円/大・高生800円/中・小生400円(もご覧いただけます)
【アクセス】東京メトロ千代田線「根津」駅、南北線「東大前」駅1番出口より徒歩7分 ・JR上野駅 公園口より 徒歩20分

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。情報の利用に際しては、「利用規約」および「免責事項」をご確認ください。