SGホールディングスグループの佐川急便は8月24日、10月のピンクリボン月間に向けた取り組みの一環として、女性従業員および男性従業員の配偶者を対象に、乳がんの早期発見に効果のあるマンモグラフィを搭載した検診車による「さがわ乳がん検診」を展開することを発表した。

本取り組みは、女性に乳がんの早期発見の大切さを伝え、健康で働き続けられる環境整備を目的に、2011年から実施。全国の医療機関の協力を得て、2014年度は25営業所で約600名の女性従業員が受診したという。

今年度はより多くの女性が受診できるように、全国44カ所の営業所を検診車が巡回する予定となっている。女性従業員は2012年に導入した婦人科検診の費用補助制度「ウイメンズ検診」を利用することで、受診費用の負担も軽減される。

8月より本格スタートし順次全国各地で検診を行う予定だ。