D23 Expo 2015詳報:どうなるスター・ウォーズエリア、東京にもできるの?

写真拡大

ウォルト・ディズニー・カンパニーは「スター・ウォーズ」をテーマにしたエリアを、アナハイムのディズニーランド、そしてオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドにあるディズニー・ハリウッド・スタジオにオープンすることを正式に発表しました。

Engadgetでは、この発表のあった「D23 Expo 2015」(2年に一度カリフォルニアで開催しているディズニー公式ファンクラブ「D23」主催のファンイベント)で判明したことなどを2回に分けてリポート。今回はスター・ウォーズエリアができるまで、そこで楽しめることを一足先に学べる施設「スター・ウォーズ・ローンチベイ(Star Wars Launch Bay)」について解説。さらに東京でのスター・ウォーズエリア開設を大胆予想します。スター・ウォーズエリアでの内容についてはこちら。

もう待てない? すぐに始まるこんなイベントが!


いまのところ、スター・ウォーズエリアの着工は遅くとも2017年末。まだまだ時間があるというのが現状です。でもスター・ウォーズファンは落胆する必要はありません。すでにオープン前にも多数のイベントが待っているからです。

まずスター・ウォーズエリアができるまで、そこで楽しめることを一足先に学べる施設が登場します。その名も「スター・ウォーズ・ローンチベイ(Star Wars Launch Bay)」。ディズニーランドのトゥモローランド、そしてディズニー・ハリウッドスタジオに2015年末に登場します。

2015年末に登場するというスター・ウォーズ・ローンチベイ。解説したのは、2013年に来日し「初音ミクちゃんに会いたい」と発言したイマジニア、スコット・トローブリッジ氏

スター・ウォーズ・ローンチベイでは、ゲストがR2-D2やC-3POをはじめとするキャラクターたちと出会えたり「フォースの覚醒」の舞台裏を学べたりする施設で、もちろん多数のグッズやフードを楽しむこともできます。

そして、2016年初頭には新たなイベント「シーズン・オブ・ザ・フォース(Season of the Force)」を開催します。これまでも5月(May the 4th)にスター・ウォーズ関連の大きなイベントを開催していたディズニー・ハリウッド・スタジオだけでなく、ディズニーランドでもこのイベントを開催します。その期間、あのクラシックなローラーコースターである「スペース・マウンテン」が一新、スター・ウォーズをテーマにした「ハイパースペース・マウンテン(Hyperspace Mountain)」に生まれ変わります。

ディズニーランド、ウォルト・ディズニー・ワールドで、スター・ウォーズをテーマにした新イベント「シーズン・オブ・ザ・フォース」が2016年にスタート

この期間、スペース・マウンテンがスター・ウォーズテーマに大変身、その名も「ハイパースペース・マウンテン」

さらにさらに! 現在大人気のアトラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」に2015年末、早くも「フォースの覚醒」のシーンを追加することも発表しました。いまのところこのアップデートはアメリカにあるディズニーランド、ディズニー・ハリウッド・スタジオ版のみのようで、東京ディズニーランド版のアップデートが行われるかどうかは未発表です。

スター・ウォーズエリアは東京にも来るの......?


ここからはあくまで「予想」。やっぱり日本のファンが気になるのは「東京にもできるの?」ということでしょう。ディズニー関連のニュースサイト「dpost.jp」を運営している筆者の予想は「近々に来ることはないが、将来的にはまず間違いなくできる」というもの。その理由を説明しましょう。

まず、知っておかなくてはならないのは、東京ディズニーランドはすでに「ファンタジーランド」を再開発、大改装するというプロジェクトを発表しています。美女と野獣やふしぎの国のアリスの世界が新たに登場する予定です。

東京ディズニーランド、東京ディズニーシー今後の開発構想 大規模開発エリアのテーマ方針を一部決定 | 【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ


このファンタジーランドの再開発と導入は2017年度以降としており、これが一段落しないことには、他の手を打ちにくいのが現状です。この計画をよく見ると、実は現在の「トゥモローランド」を一部削り、ファンタジーランドを拡張するということが分かります。トゥモローランドにも変化が起きることで、スター・ウォーズコンテンツをどう取り入れるのかは投資家からも指摘があり、オリエンタルランドの「2015年3月期決算説明会質疑応答」にて、スター・ウォーズを「トゥモロ ーランド活性化策の検討材料の一つであると考えている」とコメントしています。
2015年3月期決算説明会質疑応答(PDF)より

さらに、ディズニーのボブ・アイガーCEOも以前よりスター・ウォーズコンテンツのパーク展開を全世界のパーク(パリ、香港、上海、そして東京)へ展開するというコメントもことあるごとにしており、2016年春にオープンするという上海ディズニーランドにおいても、前記の「スター・ウォーズ・ローンチベイ」が登場すると明言しています。

そのため東京にもまずは2015年末以降「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」にアップデートするはずです。その後もし東京にも「スター・ウォーズ・ローンチベイ」が登場すれば、もしかしたら東京にもスター・ウォーズエリアが登場するのではないか――と考えています。

映画以外にも広がるスター・ウォーズの世界、まずは「フォースの覚醒」から!


2015年末に「フォースの覚醒」を公開し、2016年には外伝ともいうべき「Star Wars: Rogue One」、そして2017年にはエピソード8と、2019年まで毎年スター・ウォーズの世界が楽しめるスケジュールを発表しています。そしてそのストーリーが一段落すると、テーマパークでもスター・ウォーズが......。

1つのコンテンツを映画だけでなく、グッズ販売、ソフト販売、ゲーム展開、そしてテーマパーク展開ができる企業、それが「ディズニー」です。この強力なコンテンツを、最大限に生かせるかどうか――それはすべて、2015年12月に公開の「フォースの覚醒」にかかっています。ぜひもう一度、あの予告編を見て一緒にアガっていきましょう。