夏の暑さの山場は越えたとはいえ、残暑はまだまだ続きます。毎日ぐったり疲れて、暑さでイライラしているという人もいるかもしれませんね。夏の終わりのストレスを解消するには、ツボ刺激が効果的です。ツボの場所を覚えて試してみましょう。

ツボの見つけかたと刺激のしかた

ツボの位置は言葉で説明できますが、実際押さえてみると微妙に位置のズレがあることも。痛みを感じる一方で気持ち良く感じる部分、コリ・しこり・冷えなどを感じる部分があり、そこがツボだと分かります。主に親指腹で気持ちがよいと感じられる強さでツボを押してください。大体5押したときには息を吐き、力を弱めるときに息を吸います。指は肌から離さないようにして、同じ場所を10回程度刺激しましょう。入浴後や眠る前などリラックスして血流もよくなっているときに行うと効果もアップします。ただし食後やお酒を飲んだのちは控えてくださいね。

イライラと疲れにきくツボ

夏の暑さにイライラして疲れているという人に効くツボを5つご紹介します。

百会(ひゃくえ)

頭の頂点。強く刺激しないようにします。ストレスと不眠に効くツボ。

身柱(しんちゅう)

首を前に倒したときに背骨の突起の下にあるツボ。気持ちを鎮める効果があります。

巨闋(きょけつ)

みぞおちから指2本下のツボ。4本の指で内側に押しこむように刺激。筋肉、内臓などの疲労によるストレスを解消。

気海(きかい)

身体の中心線にあり、おへそから親指1本半下。心と体を癒します。ツボ刺激のほか、腹式呼吸をたっぷりして刺激しましょう。

神門(しんもん)

手首の付け根で小指側にあるツボ。骨と筋肉の間のくぼみの部分です。元気と集中力がみなぎるツボ。指先に向かってさするように刺激します。

いかがでしたか?夏のストレスや疲労に効くツボ刺激。仕事や家事の合間にも簡単にできるのでぜひ試してみてくださいね。


writer:松尾真佐代