秋調査グラフ

写真拡大 (全5枚)

 「ブランでスッキリ!」委員会は、首都圏在住の20代〜50代の女性を対象に、秋の女性の悩みに関する調査を実施した。

 調査の結果、秋に便秘で悩む女性は約3割(32.8%)いることがわかった。更に、そのうち約4割(38.9%)は食べ物をおいしく感じない傾向にあり、その数は便秘の悩みのない女性の約2倍にも及んでいる。

 また、約6割(57.3%)の女性が、夏から秋の季節の変わり目に食べ過ぎによって胃腸の不調を感じていることも、同調査で明らかになった。

 小麦ブランの知識について聞いたところ、「消化器官の運動を活発化する」ことを知っていた女性は18.3%、「食欲を抑制する」ことは14.3%にとどまり、小麦ブランの効果については広く認知されていないことがわかった。