写真提供:マイナビニュース

写真拡大

8月22日〜23日の2日間にわたって千葉県・幕張メッセで開催された「C3×HOBBY キャラホビ2015」バンダイブースにて、『1/100 ガンダムバルバトス』やHGシリーズなど『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のガンプラが展示された。

同イベントのバンダイブースで一際注目を集めていたのは、10月4日午後5時よりMBS・TBS系列全国28局ネットで放送がスタートするTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のガンプラ関連の展示。中でも目を引いたのが『1/100 ガンダムバルバトス』で、内側の「ガンダムフレーム」と装甲をつけた状態がお披露目されていた。「HGシリーズ」からは『ガンダム・バルバトス』に加え、『グレイズ(仮)』『グレイズ改』『シュヴァルベグレイズ』といったモビルスーツ(MS)も。

さらに、同じく「HGシリーズ」として『百里(仮)』『百錬(仮)』、名称不明の2点が参考展示。会場PVによれば、前述の『グレイズ』シリーズは「ギャラルホルン」という組織のモビルスーツと思われる。しかし、頭部が小さく肩部装甲が大きく後ろに張り出した「百里」や「百錬」は、ガンダムとも「グレイズ」とも違う系統のデザインに感じられ、これら謎のMSがどのような形で劇中に登場するのか注目される。

(中里キリ)