<カナディアン・パシフィック女子オープン 最終日◇23日◇バンクーバーGC(6,656ヤード・パー72)>
 ブルック・ヘンダーソンは最終日5アンダーの67でラウンドし、カナディアン・パシフィック女子オープンでカナダ人トップとなった。
 「今日は本当に楽しい1日でした」とヘンダーソンは語った。「9番までは1アンダーだったけど、ボールはよく打てていたし、チャンスもたくさんありました。そこからバック9で4アンダー、17番、18番をバーディと、バーディで終えられたのは本当によかったです。勢いがつきました」。
 今大会を23位タイで終え、ヘンダーソンは初のLPGA優勝となったキャンビア・ポートランドクラシックに始まり、2015年度のLPGAメンバーシップ獲得を決めた忙しい一週間を締めくくった。
 「優勝後にカナダに戻ってきて、スケジュールがいっぱいという事にすごく注目されました」とヘンダーソン。「でもいろいろな人に言っているように、贅沢な悩みです。自分の事や対処できる事もわかったし、次回からもよくなると思います」。
 ヘンダーソンはアラバマへ移動し、ヨコハマタイヤLPGAクラシックに出場する。
 「今はプレーする場所があって、翌週もプレーできる事がわかっているから、ツアープロになれて嬉しいです」とヘンダーソンは笑顔でこたえた。
 「いつもファンがいてくれるの。ほとんど私がいく先々で私を支えてくれる人がいます。ツアーでプレーすればするほど順位がよくなる気がしています。ブルック・ヘンダーソンのグループを追いかけようと言ってくれる人がいて。それは本当にすごいことだし、今後も続いて、さらに大きくなっていくと嬉しいです」。
※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
『カナディアン・パシフィック女子オープン』ハイライト動画更新!
L・コ「自分のプレー、1打ずつ集中」プレーオフ制し大会最多優勝回数に並ぶ
74位タイで終戦の有村智恵「今はやれることをやるしかない」
国内女子ツアーをチェック!【国内女子ニュース一覧】
女子プロの華麗なプレーを写真で!【女子プロ写真館】