発売からのパッケージの変遷をビジュアルで表現、江崎グリコが公開したインフォグラフィック

写真拡大

江崎グリコの「ポッキー」が2015年9月1日から大幅にリニューアルされる。発売50年、世界で100万箱以上を販売してきた日本を代表する手軽なお菓子は、次の50年に向けて新たな進化を遂げる。

約30か国で年間約5億箱を販売

今回、リニューアルされるのは赤い箱で知られる「ポッキーチョコレート」など5商品。原料や製法を見直して、焼き上げたプレッツェル(軸)の外側を覆うチョコレートの口溶けを良くするなど風味を向上させる。軸が細い「ポッキー<極細>」は、チョコの量を1本当たり5%増やす。いちごポッキーにはプレッツエルに果肉を練りこむなどしており他の約20種類も順次刷新する予定だ。

初代「ポッキーチョコレート」が発売されたのは1966年。現在では、世界約30か国で年間約5億箱を販売する日本を代表するチョコレート菓子ブランドとなっている。

これまでも、大人向けや子供向け、女性向けなど幅広いお客様のニーズに応えるラインアップの拡充や、「ポッキーオンザロック」キャンペーン、「ポッキー&プリッツの日」創設などの食場面提案など、独自性のあるマーケティングにより、売り上げを伸ばしてきた。

海外進出は60年代後半の香港を皮切りに72年のタイ、82年にはフランスにも進出。昨年度の売上高は国内・海外を合わせて約470億円にのぼり、海外が国内を上回る。2020年には現在の2.6倍の「10億ドル(1240億円)」の売り上げを目指している。