1日の終わりに気分をなごませるバスクリンの新作登場!

写真拡大

バスクリンは、薬用入浴剤「バスクリン」から「ナイトフィーリング」の新アイテム「気分なごむ光灯る果実の香り」を2015年9月1日に発売する。

「バスクリン ナイトフィーリング」は、"1日の終わりを穏やかに彩る香り"シリーズ。仕事や家庭で慌ただしい1日を過ごし、心を安らげたいという30〜40代に好評だという。

新商品は"暗闇の中に優しく揺れるキャンドルの光の温かなゆらぎ"をイメージした果実の香り。すぐに消えてしまうフレッシュな天然アロマ成分を、ギュッとビーズに閉じ込めることで、お湯の中でゆっくりと溶け、バスルームに新鮮な香りを届けてくれる。また、厳選した温泉ミネラル成分配合で、温浴効果を高め血行を促進。毎日の疲れ・冷え・肩こり・腰痛などに効果的だ。

アミノ酸成分が水道水の塩素を除去し、湯ざわりもまろやか、肌にもやさしい入浴剤になっている。残り湯洗濯可能。

あわせて、バスクリン「ゆずの香り」「森の香り」「ジャスミンの香り」「ラベンダーの香り」のパッケージをリニューアル。「良い香りで感じる気分」をイラストとコピーで表現し、効能をあらためて中央に配した。