「好きなオネエ系タレントランキング」圧勝マツコ・デラックスを追うのは誰?
 以前にも増して、勢力を拡大しているオネエ系タレントたち。テレビで見ない日はないくらい、活躍著しいですよね。

 ということで、オネエ系タレントの好感度調査を勝手に実施してみました!

 候補者のなかには戸籍上すでに女性になっている人や、トランスジェンダー、ゲイなど様々ですが、今回は芸能界でのキャラということで。

 アラサー女性300人が選ぶ、ナンバー1は誰なのか!? まずは、10位から見ていきましょう!

◆4〜10位

=====

10位 ピーコ(タレント、映画評論家) 6.7%
9位 おすぎ(タレント、ファッション評論家) 7.3%
8位 ピーター/池畑慎之介(タレント) 8.3%
7位 假屋崎省吾(タレント、華道家) 8.7%
6位 山咲トオル(タレント、漫画家) 9.3%
5位 美輪明宏(タレント) 12.0%
4位 IKKO(タレント、美容家) 19.0%

=====

 假屋崎省吾(8位)やトオルちゃん(7位)は、最近テレビに出ている姿を見ませんが意外と上位。

 美のカリスマ、IKKOが4位。差し入れには自筆の手紙をつけるなど、共演者への気配りを忘れないところも売れっ子であり続ける要因と言われています。

◆2位

ミッツ・マングローブ(タレント、女装家) 24.0%

 徳光和夫の甥であり、“徳光家の最終兵器”と呼ばれたミッツが2位に。慶応大卒で、イギリスのウェストミンスター大学に留学経験もあるインテリです。歯に衣着せぬ物言いも人気の理由。

◆2位

はるな愛(タレント) 24.0%

 ミッツ・マングローブと同率2位になったのが、はるな愛。オネエ系タレントのなかでも自己主張が強いとウワサされるだけあって、ミッツやクリス松村とケンカした過去も。

◆1位

マツコ・デラックス(タレント、女装家) 69.7%

 はい、圧勝も圧勝。レギュラー番組を9本も抱え、日曜日以外は毎日テレビに出ているほど超売れっ子です。頭の回転が速い、コメント上手、空気を読む力がすごい、おもしろい……あふれる称賛の数々。これだけお茶の間から好かれ、かつ視聴率も持っているタレントは、池上彰とマツコぐらいかもしれません。

※【11位以下】GENKING、KABA.ちゃん…話題のタレントは意外と“そこそこ”

<TEXT/女子SPA!編集部>

【調査概要】
『好きなオネエ系タレントランキング』
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(27〜33歳女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年7月29日〜7月31日
有効回答者数:女性300名