Doctors Me(ドクターズミー)- ママの悩みに医師が回答! 母乳育児のトラブルを乗り越える秘訣とは?

写真拡大

赤ちゃんへの授乳は育児において欠かすことのできない大切なものですが、そのぶん授乳には様々なお悩みがつきものです。実際「Doctors Me」にも、授乳をしているママからの様々な質問が日々寄せられています。

今回はそんな授乳に関するママのお悩みと医師の回答の中から、いま授乳に悩むママやプレママにお届けしたい情報を厳選してピックアップ!

母乳から赤ちゃんに悪影響が出てしまわないか心配…

母乳に悪いものが混ざってしまったら…その心配に医師が回答!


【相談者(25歳/女性)】
レストランでローストビーフをかなりの量食べました。こんなに生肉を食べて、おっぱいは大丈夫だろうか、母乳を通して変な菌が赤ちゃんにいかないかと、とても不安になってしまいました。


出典:Doctors Me 医師への相談



【医師からの回答】
妊娠中の生肉は避けた方が良いですが、授乳中は母乳に菌が移行することは基本的にはありませんので大丈夫です。
私も育児中ですが、色々と心配になりますよね。お互い頑張りましょう。


出典:Doctors Me 医師への相談




【相談者(31歳/女性)】
授乳中のヘアカラーや縮毛矯正は、母乳によくない成分が出たりと赤ちゃんに影響はありますでしょうか?


出典:Doctors Me 医師への相談



【医師からの回答】
内服したお薬などは体の中で吸収され血液中の濃度が上がると、母乳をつくるときに一部が母乳にでたりします。ヘアカラーや縮毛矯正は血中に薬液が入るわけではないので、母乳への影響はまずないと考えてよろしいと思いますよ。
どうぞ久しぶりの美容院楽しまれてくださいね。


出典:Doctors Me 医師への相談




【相談者(34歳/女性)】
母乳を飲んで子供もアトピーになるということはあるのでしょうか?


出典:Doctors Me 医師への相談



【医師からのアドバイス】
母乳を通じてアトピーが赤ちゃんにうつることはありません。
むしろ、免疫を高める物質が母乳に含まれていますから、可能なら積極的に母乳で育てられるとよいと思います。お大事にしてください。


出典:Doctors Me 医師への相談


母乳をあげたいけど…母乳が出ない・飲んでくれないトラブル

なんらかのトラブルで母乳をあげられなくなってしまったらどうすればいいのでしょうか?


【相談者(27歳/女性)】
母乳の出が悪く、粉ミルクを中心にあげています。
母乳じゃないと、母親の愛情が伝わらないとか言う人がいますが、どうなのでしょうか?


出典:Doctors Me 医師への相談



【医師からの回答】
母からの免疫や愛情が足りなくなるとか確かに本などでは書いてありますが、抱っこしたり話しかけたりする時間をしっかりもてあげれば大丈夫です。また、おっぱいを吸わせるだけだも出がよくなるので ちょっとずつあげてみてください。そのあとミルクを足して体重が増えていれば心配いらないと思います。


出典:Doctors Me 医師への相談




【相談者(31歳/女性)】
母乳を拒否されています。 ミルクはゴクゴクと普通に飲んでいますが、母乳は授乳スタイルをとるだけで大泣きをして嫌がります。 母乳を大泣きして嫌がるのを見ていると、いけないとは思うのですが、悲しくなり、情けなくなってしまいます。


出典:Doctors Me 医師への相談



【医師からの回答】
哺乳瓶や母乳を特定の時期だけ嫌がることはよくあることです。痛みなどが原因なのであれば、何を飲ませても痛がると思います。おそらく、今回は本人の気分によるとおもわれます。
無理に母乳を飲ませようとしすぎると、余計に嫌になると思うので、本人が望む時に飲ませる対応でよいかと思います。


出典:Doctors Me 医師への相談


母乳育児は楽しんで!

様々なトラブルや悩みを抱えがちな母乳育児ですが、それに勝る幸せや楽しみを感じているママも多いようです。授乳を楽しむことが母乳育児のトラブルを乗り越える秘訣かもしれません。

ただ、無理に母乳による授乳にこだわる必要はありません。医師からの回答でも、将来的に母乳との違いはなく、ミルクでも立派な授乳であるという意見が多く見られます。自分の体調と相談しながら、ママにとっても赤ちゃんにとっても負担の少ない形での授乳が行えるとよいですね。