ダイエットに関心が高い女性の間で、飲むだけで痩せられると話題になっているのが“エノキ茶”です。エノキ茶ってどんなお茶?あのスーパーで売っているエノキダケを、干してお茶にしたものなんです。

エノキ茶に含まれる2つの成分が効果的

キノコは低カロリーで食物繊維が多いダイエット向きの食材です。そのキノコの中でもエノキタケに注目が集まっているのは、キノコキトサンと言われる成分によるもの。キノコの中でも特にエノキタケに多く含まれ、摂りすぎてしまった脂肪をコーティングして排出する効果があります。さらに、キノコキトサンに含まれる脂肪酸のエノキタケリノール酸には、内臓脂肪を減少させる働きがあることも分かってきたのです。この2つの成分がエノキ茶が話題になっている理由です。

エノキをそのまま食べても効果はない?

エノキだけは食物繊維がしっかりした食材です。細胞壁が厚く、せっかくのキノコキトサンとエノキタケリノール酸もしっかり閉じ込められているため、普通に調理しただけでは体に取り入れることができず、そのまま排出されてしまいます。そこで考えられたのがエノキ茶。エノキを干して乾燥させることで、細胞壁が壊れ、そこから栄養が出てくるのです。干した成分を細かく切り刻んでエノキ茶にすることで、細胞の中にある有効成分を効率的に摂取できるようになります。

自分でも作れる! 簡単なエノキ茶の作り方

エノキ茶は自宅で作ることができます。作り方の手順をご紹介します。

エノキダケの石突を取ってバラバラにほぐす天日に干す。干す日数は3日間ほど。全体が茶色になるのが目安です5mm程度に細かくカットする5g程度の干しエノキにお湯を注ぎ30分ほど置いたらでき上がり

このように簡単にできるエノキ茶ですが、カラカラになるまで干すには時間がかかるのが難点。自分で作るのは難しいという方は、エノキ茶として販売されているものを使うのがおススメです。

ダイエット効果が高いエノキ茶ですが、いつも食べるエノキタケよりもキノコ独特の香りが強く感じられることも多いようです。これはエノキタケの脂肪壁が壊れ、栄養素と一緒に旨み成分も溶け出しているということ。食事のバランスにも気を付けながら、最低でも2週間から1ヶ月程度は続けてみてくださいね。


writer:岩田かほり