初日出遅れも2位でフィニッシュした上田桃子!(撮影:ALBA)

写真拡大

<CAT Ladies 最終日◇23日◇大箱根カントリークラブ(6,701ヤード・パー73)>
 2日目に「ディフェンディングとしての意地を見せないといけないし、恥ずかしくないようなゴルフをしないといけない」と話していた上田桃子。優勝した服部真夕には4打及ばなかったが、この日4つスコアを伸ばし昨日の8位タイから2位タイに順位を上げてフィニッシュした。
上田桃子2位でフィニッシュ!ライブフォトで大会を振り返る!
 出だしから連続バーディを奪取し、「気持ちよくスタート」した上田。6番でもバーディを奪い前半は3つスコアを伸ばし上位を追走する。後半も13番パー5でバーディを先行させるも、15番から連続ボギー。その後17番から連続バーディを奪い取り返したが、「攻めなきゃいけないところでボギー、そういうのを減らせば優勝もできると思う」と唇を噛んだ。
 連覇には手が届かなかったが、最後まで試合を盛り上げた上田。「1ヶ月近くショットが良くなかったけど、今日はショットが良かった」。この日、朝の練習場でつま先体重になっていることに気づき、「拇指球、足裏をしっかり意識した」ところショットが復調。プレーには手ごたえを掴むことができた。
 「来週はお休みなので、この感覚を忘れずメジャーも近いので照準を合わせていければ」。この日得た手ごたえを結果につなげるため、研鑽を続けていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>