<CAT Ladies 最終日◇23日◇大箱根カントリークラブ(6,701ヤード・パー73)>
 強い服部真夕が帰ってきた。首位と1打差の2位から出た服部はこの日5バーディ・1ボギーの“69”でラウンド。スコアを4つ伸ばしトータル14アンダー、終ってみれば2位に4打差をつけ、圧勝で3年ぶりとなるツアー通算5勝目を挙げた。
服部真夕、3年ぶりV!復活優勝をライブフォトで振り返る!
 今季は第2戦から9戦連続で予選落ち。生命線のショットが今までにないぐらい曲がり、2年前から苦しんでいるアプローチイップスも「だんだん悪くなってしまって」極度の不振に陥ってしまった。
 転機が訪れたのは5月。これまで岡本綾子の門下生だったが、良くも悪くも「岡本さんにいろいろ聞いて試して、自分で考えることをしてこなかった」と師匠に甘えすぎている自分に気が付いた。「1人でやってみます」と甘えを断ち切るために、師匠と少し距離を置くことにした。
 そして独り立ちしてすぐの「サロンパスカップ」でコンビを組む呉本里恵子キャディからアドレスが右を向いていることを指摘され、翌週の「ほけんの窓口レディース」の練習場で修正。「ターゲットに対しスクエアに立てるようになった」ところ予選を突破することができた。
 「順位は下のほうだけど3日間プレーができて本当に嬉しかった」。明るい兆しが見えてくると、ショットの調子も徐々に良くなってきた。そしてアプローチのイップスに対しても「自分の悪い部分を認めないのは現実逃避。悪い自分も見つめて、認めなくては」と前向きに捉えられるようになったという。
 その後も調子は徐々に上がり先週は最終日最終組で優勝争いに加わり、そして今週は優勝。「もう一度こうして優勝できるとは…夢みたいです」。様々な困難を乗越えての復活優勝だが「涙が出るかなと思ったけど、出なかったですね。やり遂げた感がすごいあったので、涙より達成感が大きかったです」と笑顔を見せた。
 次に狙うは「ずっと複数回優勝を目標にしてきました。こういう風に勝てたので、その目標は達成したい」。独り立ちをしたが、まだ師匠とは連絡をたまに取り合っているという服部。「いろんな部分で心配をかけてしまったけど、こうして結果を残せたので岡本さんには感謝を伝えたい」。きっと師匠もこの優勝を喜んでいることだろう。
<ゴルフ情報ALBA.Net>