23日放送の「将棋フォーカス」(NHK教育)で、佐藤紳哉六段が、対局直前に被っていたカツラを外す珍事が起きた。

この日の番組では、佐藤六段と山崎隆之八段が「将棋フォーカス杯1分切れ負け将棋〜第2戦〜」で対局した。1分切れ負け将棋とは、文字通り持ち時間が1分しかない対局で、指手も超高速となっていく。

山崎八段は前回、阿部光瑠五段を下しており、今回佐藤六段の挑戦を受ける形となった。対局前、佐藤六段が「毎日素振りをしているので、勝てると思います」と挑発すれば、山崎八段も「勝てそうな人なんで、物足りないかな」と応じていた。

いざ対局となると、佐藤六段が「ちょっと待って」と言い、ジャケットを脱ぎ始めた。半袖姿になって対局が始まるのかと思いきや、なんと今度は「これも」といいながらかぶっていたカツラを取り、広い額をあらわにしたのだ。

さらに、カツラは同席していた乃木坂46の伊藤かりんに渡してしまった。この事態に伊藤と山崎八段は笑いをこらえきれないでいたが、佐藤六段本人は真剣なまなざしで盤上を見つめていた。山崎八段も佐藤六段の本気に「はい、分かりました」と述べ、対局が始まった。

対局は、はげしい攻防の末に77手をもって山崎八段が勝利した。感想戦で佐藤六段が「詰んでなかった?」と尋ねると、山崎八段は「詰むか詰まないか分からなかった」と認めるなど、きわどい勝負だったことを明かした。

山崎八段はこのあと「内容は激しくてよかったんですけどね。盤上以外でもいろいろあったので」といい、佐藤六段のカツラ外しに動揺していたことを打ち明けた。

一方の佐藤六段はカツラを外したことについて「自分に気合いを入れるために」と説明。

山崎八段は佐藤六段のショーマンシップに「将棋以外のことは完敗でしたね」「将棋くらいは勝たないとね」とコメントしていた。

なお佐藤六段は、日本将棋連盟の棋士紹介ページのプロフィールではカツラを脱いだ状態の画像が掲載され、今回も対局前の紹介VTRで着脱した状態の姿が映されていた。これまでも、パフォーマンスとして、あえて対局にカツラをかぶって臨んだことがあるようだ。

【関連記事】
松岡修造が中継を放り出し全速力で走り去る珍事発生
狩野恵里アナウンサーがテニスボールをカメラマンに命中させる珍事
NHK「のど自慢」で女性出場者がステージを駆け回る珍事 香取慎吾も驚く