オリヴァー・ハドソン、絶縁宣言された実父と和解?

写真拡大

オリヴァー・ハドソンが実父ビル・ハドソンと和解したようだ。

必要以上に大きくなってしまった喧嘩

父の日にオリヴァーが投稿したコメントがきっかけで、妹ケイト・ハドソンと共にビルから絶縁宣言されていたオリヴァーだが、義父のカート・ラッセルはその関係が現在は修復されたと明かしている。オリヴァーとケイトの母ゴールディ・ホーンと30年以上に渡ってパートナー関係にあるカートは「オリヴァーのユーモアのセンスは知っているし、あの一件以来、ビルとオリヴァーの間で良いやりとりがされているから、それを目に出来てうれしいよ」「人には出来るだけ人生を楽しんでもらいたいからね」とE!ニュースに語った。

またカートは、あの喧嘩が必要以上に大きくなってしまったものだと捉えているようだ。「僕たちの住むこの世界では、何か行ったりやったりすると、それが24時間とか48時間も残ってしまうものだからね」

この親子喧嘩は、ケイトがカートに父の日を祝った一方で、オリヴァーがケイトに「素敵な育児放棄の日」と投稿したことがきっかけになって始まっており、その後ビルが、「『君たちを自由にするよ』と言ってやるよ。僕には5人の子どもがいたけど、今は自分が3児の父親であると考えることにする。オリヴァーとケイトは、自分の子どもとして認識しないことにするんだ」「ハドソンという名前を使用することを止めてくれと頼むよ。彼らは金輪際僕の人生に関わることはないんだから。オリヴァーのインスタグラムへのあの投稿は悪意があって、卑劣で計画的な攻撃だ。オリヴァーは僕にとって死んだも同然さ。ケイトもね。2人がまだ地球上を歩いていたとしても僕はすでに彼らの死を悼んでいるよ」と言うまでになっていた。

Written&Photo by bangshowbiz