ライトアップされた紅葉(イメージ)

写真拡大

六甲山観光(神戸市)が運営する六甲高山植物園では、初開催となる紅葉ナイトツアーの予約を2015年9月1日から開始する。

山から降りてくるとされる紅葉。六甲山は標高が高いため、京都などの市街地よりも木々の色づきが約1か月も早いという。同園では多様な紅葉が鑑賞でき、10月中旬から11月中旬にかけて変化していく木々の彩りが楽しめる。秋色になった木々をライトアップするのは同園では初の試み。カンテラを片手に回るナイトツアーは解説スタッフのガイド付きで、ツアー後は「きのこのあったかスープ」も振る舞われる。

開催日は10月31日、11月1日、7日、8日の4日間で、午後5時30分、午後5時50分、午後6時10分、午後6時30分、午後6時50分の5回実施。各回約45分の定員20名で事前予約が必要。参加料は大人620円、小人310円(入園料含む)。