チェコ遠征中のU-17日本代表は21日、第22回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント第3戦でU-17ハンガリー代表と対戦し、90分を2-2で終えると3人制のPK戦で1-3で敗れた。

 日本サッカー協会(JFA)によると、前半34分にMF安井拓也(神戸U-18)のクロスをFW吉平翼(大分U-18)が合わせて日本が先制に成功。さらに後半5分にはMF渡辺皓太(東京Vユース)の浮き球のパスから抜け出した宮崎幾笑(新潟U-18)が、相手GKとの1対1を制してネットを揺らしてリードを2点差に広げる。しかし、同14分と同15分に立て続けに失点を喫して同点に追い付かれると、その後勝ち越しゴールを奪えずに2-2のまま90分を終了。

 迎えた3人制のPK戦ではハンガリーが3人全員決めたのに対し、日本は2人目の吉平が外して1-3で敗れた。Aグループ3位となった日本は、22日にBグループ3位のスロバキア代表と5位・6位決定戦を行う。

出場メンバーは以下のとおり

■先発

▽GK

山口瑠伊(ロリアン/フランス)

▽DF

森岡陸(磐田U-18)

森下怜哉(C大阪U-18)

橋岡大樹(浦和ユース)

杉岡大暉(市立船橋高)

▽MF

安井拓也(神戸U-18)

88分→中村駿太(柏U-18)

梶山幹太(名古屋U18)

68分→佐々木匠(仙台ユース)

渡辺皓太(東京Vユース)

68分→堂安律(G大阪ユース)

宮崎幾笑(新潟U-18)

▽FW

菅大輝(札幌U-18)

伊藤遼哉(シャルケ/ドイツ)

32分→吉平翼(大分U-18)

■控え

▽GK

脇野敦至(東福岡高)

▽DF

立田悠悟(清水ユース)

長谷川巧(新潟U-18)

▽MF

冨安健洋(福岡U-18)